ギリーファーム

ギリーファーム

(左)ジャンボかぼちゃを作りました。ハロウィンには使いませんが、収穫時少年に戻りました。嬉しくてたまらない、という笑顔です。
(右)じゃが芋収穫終了。品種が混ざらないようにするのが大変、苦労をかけた作業で したが、その後各ホテルの総料理長が食べ比べてくれました。有難いことです。

2016年から始めた「料理人、料理研究家、食いしん坊の為のアトリエファーム」です。栃木県南部下野市に30m×50mというかなり大きな畑、農家でないと借りられない農地を、市役所が地主との間に入って頂き実現した奇跡の農園です。

趣味の野菜作りや販売目的ではなく、テスト栽培した新品種で美味しい料理を考え、ギリークラブらしく試食会を実施、メニュー化された次シーズンには、プロの農家に本栽培して貰うという段取りです。

2017年に収穫した37種のじゃが芋を、日本を代表するトップシェフ中村勝宏ムッシュが比較試食、評価の高かった品種を今年は力を入れて栽培して貰っています。プロの方が唸って新メニューを考えたくなる美味しい野菜、新品種をテスト栽培する事に意味があります。営利目的ではこういう農場は存在しえません。

それ以外にも人参、豆、ズッキーニ、ブロッコリーやカリフラワー、大根などをそれぞれ多種類育てて比較試食、メニュー化。別区画に栃木ならではの瓢(ふくべ・剥いて干すとかんぴょう)、巨大かぼちゃなどのレア物、新開発の新しいアブラナ科の野菜なども栽培しました。

上手くできた物、収穫できなかった物、美味しかった物、まずかった物、それら全てが2018年の参考になりますし、品種によってはビニールハウスに移したりと創意工夫に繋がっています。ただ新品種がその土地に合うかどうかが分るには最低でも3年かかるとの事、農業は深くて長い!大変勉強になります。

栽培・管理は超美味野菜で定評ある海老原ファームに委託、日光種苗やサカタのたね、下野市の農政部門、宇都宮大学など地元各界プロの皆様に絶大な応援をして頂く万全の体制です。昨年に引き続きウェスティンホテル東京、今年から学士会館と麺屋武蔵に一角をお貸しし、それぞれの自社テスト農園になっています。料理人が選び育てた野菜の料理がお客様の素晴らしい笑顔に繋がる、そんな事に協力出来るのは自分の畑だからです。

生産者、料理人、食べ手が協力して美味しいメニュー開発をし、素敵な交流が出来る畑、それがギリーファームです。

ギリーファーム

エビベジ

海老原秀正氏に出会って10年、渡辺が「エビベジ」と命名した超美味野菜のプロデュースはライフワークになりました。生産者と料理人、食べ手を結ぶ企画は他の生産農家や大学農学部、種苗会社、自治体にも広がり、美味しいギリー(案内人)活動が続いています。 昨年開業のJR東日本のクルーズトレイン「四季島」のサラダとしてエビベジが採用されていますが、これは本当に素晴らしいことです。

> エビベジ

Copyright(c) Gillie Company Limited. - All Rights Reserved.
オンライン・ギリーの画像および文章は、株式会社ギリーの許可なしに無断転載・引用することはできません。